病院理念

病院理念

当院では開設当初から「患者さん本位の医療」をモットーに掲げて、日々より良い医療を目指して努力して来ましたが、患者さんにもっとよく理解していただくため、「斎藤労災病院の基本理念」と「患者さんの諸権利について」として明示することとしました。当院としての患者さんに対する基本的な考え方をご紹介します。

全人的医療の提供と保健に貢献する

基本方針

  • 地域の医療・介護・保健・福祉に貢献します。
  • 患者さんの権利と尊厳を尊重します。
  • 教育・研修を通じて職員の知識・専門性を高め、「根拠に基づいた医療」を実践します。
  • 保守管理・精度管理を励行し、安全管理を徹底して質の高い医療を提供します。
  • 地域医療機関・施設との連携を密にし、安心出来る医療サービスを提供します。
  • 地域の環境保全に努めます。
  • 以上のことを実践し継続するため、健全な経営に努めます。

患者さんの諸権利について

すべての人は、その人格を尊重され、健康に生きる権利を有しています。健康を回復、維持または増進するため、医療従事者の助言、協力を得て、自らの意思と選択のもとに最善の医療を受けることは人としての基本的権利です。
医療は人々の健康に生きる権利の実現に奉仕するものであり、何よりも人間の尊厳を旨とし、科学性、安全性を備えるとともに、患者さんの主体性を尊重し、出来る限り開かれたものでなければならないと考えます。よってここに、患者さんの権利に関する当院の方針を掲示します。

1)医療に対する参加権

すべて人は、医療政策の立案から医療提供の現場に至るまであらゆるレベルにおいて、医療に対し参加する権利を有する。

2)知る権利と学習権

すべて人は、自らの生命、身体、健康などにかかわる状況を正しく理解し、最善の選択をなしうるために、必要なすべての医療情報を知り、かつ学習する権利を有する。

3)最善の医療を受ける権利

すべて人は、経済的負担能力にかかわりなく、その必要に応じて、最善の医療を受けることができる。

4)平等な医療を受ける権利

すべて人は、十分な情報提供とわかりやすい説明を受け、自らの納得と自由な意思にもとづき自分の受ける医療行為に同意し、選択し、或いは拒否する権利を有する。

5)医療における自己決定権

すべて人は、十分な情報提供とわかりやすい説明を受け、自らの納得と自由な意思にもとづき自分の受ける医療行為に同意し、選択し、或いは拒否する権利を有する。

6)安全な医療を受ける権利

すべて人は、プライバシーが守られ、個人としての尊厳が保たれた安全な医療を受ける権利を有する。

これらの人間としての倫理原則をお互いに大切にしていきたいと考えています。患者さん自身も病院から指示された療養については専心これを守るよう心がけて頂き、病院と協力し療養の効果を全人的にあげることが大切と考えています。