骨密度測定

骨密度測定DXA法とはDual-energy X-ray Absorption (2重エネルギーX線吸収測定法)の頭文字をとったもので、2種類の強さを持ったX線を骨に照射して、その吸収率の差を測定して骨密度を計算する方式の事です。
当院では前腕の撓骨を測定して骨密度を計算する機械を導入しました。測定時間は30秒ほど、座った楽な姿勢で検査でき痛みも全くありません。付属のプリンターから結果もすぐにプリントアウトされます。素早く簡単で楽なことが特徴です、もちろんスクリーニング検査としての精度も申し分ありません。
人間ドックのオプション検査としても受け付けています。また、巡回での企業健診にも対応しています。